占星術とは

占星術とは太陽や惑星、月や小惑星など天体の動きから人の将来を導き出す占いです。
太陽や惑星は人類が生まれる前から規則正しく動いています。
これらの星の動きを読み未来の星の位置を導き出し、これを人の生まれた時期(星位図)と重ね合わせることによって未来を読んでいきます。

 

星にはそれぞれ意味が与えられており、星同士の位置関係によって力関係が変わってきます。
これを利用すれば、人の人生のうちのある時期にどのような運命が待ち受けているか判るのです。
(例えば金星は恋愛に関する星として有名ですね)

 

占星術は古代バビロニアで始まったと言われています。
正確な時期は古すぎて判らないほどですが、ここからギリシアやアラブ、ヨーロッパなど世界各地に広まっていったと言われています。
世界各地に広まった占星術は各地で様々な発展をしますが、基本的な部分は変わらず、また国家や王家の吉凶判断に使われたことは各地で共通しています。

 

占星術は世界各地の国や王家の行方を占うとkに使われるほど信頼度をもっており、これは現代でも変わりません。
むしろ、星の位置関係を正確に観測できるようになったことから、より当たる占いになったと考えることもできます。

 

また、ヨーロッパでは占星術と心理学を融合させる取り組みも試みられています。
心理学者のカール・ユングもその一人で、鏡リュウジ先生も占星術に深層心理学を取り入れている占い師さんです。

 

 

占星術で占うときの注意点として、「星は誘えど、強制せず」という言葉があることを覚えておいてください。
ある時期における個人の星位図は一定ですが、それがさす意味にはいくつかの解釈ができるという意味です。
つまり、見方によっては解釈が変わってくるということであり、運命を変えることもできるとみることができます。
星占いで占うときはこれを覚えておくと、いろいろな見方ができて便利です。